RSS | ATOM | SEARCH
エコポイントがなぜ省エネを促進しないのか
ライフスタイルの省エネ生活への転換を謳う政策から生まれたエコポイントは、ただの消費喚起に堕した。


エコポイントは、経済諮問会議がまとめた未来開拓戦略(PDFファイル)で提言されたものです。生首相が低炭素革命を表明したり40兆円から60兆円の経済成長を打ち出したものなので、ご記憶の方もおられるかもしれません。このブログでも海外進出のための日本アニメの戦略で採り上げたたことがあります。

この未来開拓戦略は日本の景気を回復させ10年20年のスパンで日本経済を成長させるのが狙いです。そこでは、賢明な投資として経済効果の高いもの、社会的な意義の大きいもの、日本の底力を発揮できるものへの重点的な投資を謳っています。その1つとして、「省エネ家電」「エコカー」「省エネ住宅」の三種の神器を広め、ライフスタイルを低炭素な生活に転換することを目標としています。

実際にはどうなったか。省エネ家電を普及させるためのエコポイントは、対象家電製品のほとんどの現行モデル 
に与えられることになりました。制度があってもなくても省エネの達成の度合いは変わらない。消費者は買い換えただけだから。消費は喚起されたかもしれないが、ライフスタイルの転換は望めない。エコポイントの制度化には家電業界が当初から関わっていたことが指摘されている。要するにばら撒きなのです。


(経済産業省の試算では3000万台の売れ行きと推算してCO2削減効果は400万トン。これは家庭から排出されるCO2の4%。ちなみに2007年の日本の世帯数は約5100万世帯、2007年の日本全体の排出量は13億トン。中期目標では2005年の12.5億トンから15%削減となっている)


ちなみに、ばら撒きの疑いは、省エネ家電だけではありません。エコカーでもあります。「2020年までに、新車発売のうち2台に1台に次世代自動車の導入を目指す」とはっきりこの戦略に書かれています。それがどうなったのか、"エコカー減税という環境破壊"で解説されています。

ハイブリッド車じゃなくても、各メーカーのほとんどの車種が減税の対象になってた上に、排気量の大きな車ほど減税率が高くなる、つまり、環境に悪い車ほど減税率が高くなる

省エネ住宅についてはリサーチ不足です。ご存知の方がおられたらぜひ教えてください。
author:taiga, category:批評紹介, 04:28
comments(0), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 04:28
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://jpquixote.jugem.jp/trackback/12
自民党エコカー減税のまやかし
スイス人学生によって開発されたパック・カーII。燃費の面で世界で最も経済的な車。 今週末は夏休みに入り、3連休でアクセスも少ないに...
カナダde日本語, 2009/07/21 6:15 AM