RSS | ATOM | SEARCH
駄文記事とオシャレさん(12) 〜タイトルとテーマが噛み合わない鳩山首相批判〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。

【安藤慶太が斬る】鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか

タイトルとテーマが噛み合わない鳩山首相批判

記事タイトルと記事テーマが齟齬をきたしている鳩山総理の批判記事。記事タイトルでは、「首相の軽さこそ最大の脅威」と書くが、本文で力説するのは、核トマホークの退役で日本を守る核の傘が失われること。記事テーマは安全保障でした。記事冒頭では、首相の「県内移設容認」「海兵隊が抑止力だとは思わなかった」などの発言をとり上げ、「痛い光景だった。トホホである」と述べています。でもこれ、本題とは無関係でした。

ちなみに筆者の主題を整理するとこうなります。

脅威の度合い: 鳩山首相 > 中国の軍事力増強 = 北朝鮮の核武装



核の傘はトマホークしかないと信じる筆者

核の傘はトマホークしかないと聞かされた筆者は、トマホークの退役で日本を守る核の傘が失われることを懸念します。

防衛省筋から、日本を守る核の傘はトマホークしかないと筆者は、聞かされます。
”防衛省筋からは「トマホークが退役すれば、日本の核攻撃に対する抑止力は 事実上通常兵器だけになりかねない」と懸念も聞かれる。”

そして、トマホークの退役で日本を守る核の傘がなくなると懸念します。
”トマホーク退役で日本を今まで守ってきたとされる「核の傘」がなくなるのであれば、
トマホークへの好き嫌いはともかく、国防上の一大事だろ う。”

そこで、アメリカ合衆国を守る核抑止力を見てから、日本を守る核の傘を見てみましょう。アメリカの核兵器が、核の傘の大本ですからね。




3種類の核ミサイルが支えるアメリカの核戦力

アメリカの核戦力のうち、核ミサイルについて説明します。

Minuteman-3_Museum

地対地弾道ミサイル ミニットマンIIIです。射程は1万2千キロに達します。1970年に開発されました。後継ミサイルのピースキーパーは先に全て退役しています。言わば、旧式ミサイルです。ミサイル1発につき核弾頭が3基搭載されています。写真では地表に露出していますが、実際に配備されているミサイルは地下サイロに隠されています。

Trident_II_missile_image

潜水艦発射弾道ミサイル トライデントII。射程は1万1千キロです。普段は原子力潜水艦に搭載され海中に潜んでいるため、敵に発見されません。アメリカ近海に潜んで世界各地を狙えるだけの射程があります。ミサイル1発につき核弾頭を14基搭載しています。

筆者が退役すると日本の核の傘がなくなってしまうと騒ぐトマホークはこのような兵器です。
Tomahawk_Block_IV_cruise_missile

射程距離は3千キロ。艦艇や潜水艦から発射されます。核弾頭は1発です。核弾頭の他に炸薬をつめた通常弾頭があります。退役するのは、トマホーク本体のことではなく、トマホーク用の核弾頭のことです先ほど見た弾道ミサイルの射程は一万キロを超えますが、こちらは3千キロです。そのため、発射する前に敵国土に近寄らなければなりません。もっとも、グアムから北朝鮮を狙えるぐらいの射程はあります。


これら3種類の核ミサイルが、アメリカの核戦力を支えます
(注 記事の主題からずれるため、B-2戦略爆撃機の説明は割愛しました)



米ロ核軍縮交渉とリンクする核トマホーク退役

米ロの核軍縮の約束が交わされました。今年取り交わされてた米ロの核軍縮交渉(第四次戦略兵器削減条約)では、アメリカは1550基の核弾頭と800発の核ミサイル(正確には戦略爆撃機もこの 数の中に含まれます)の保有を認められます。ミサイルの数と核弾頭の数が合わないのは、先ほど見てきたように、弾道ミサイル1発につき複数の核弾頭を搭載 できるからです。

ここで核軍縮を進めるアメリカの立場を想像してみてください。米ロの取り決めで、ミサイルの数を制限しなければいけません。どのミサイルを残せば、核抑止 力を最大限に残せるでしょうか。射程1万2千キロの地上発射弾道ミサイル、射程1万1千キロの潜水艦発射弾道ミサイル、射程三千キロのトマホーク。この3 つから、最適な取り合わせを決めるのです。

はっきりいって、核トマホークは要りません。トマホークの核弾頭をなくして、アメリカ本土や近海に配備し て厳重に防護できる弾道ミサイルの方が、よっぽど抑止力になります。射程は長くいながらにして世界各地を狙うことができる、敵の核攻撃にさらされても生き 延びて反撃できます。海中にいる潜水艦を核兵器で狙うことはできません。そこで核トマホークの退役が決まりました。お役ご免です。


核トマホークは、国際社会の外交の末、退役に追いこまれました



核トマホークが退役しても揺らがない日本の核の傘

アメリカの核戦力を見たところで、次は日本の核の傘を見てましょう。と言っても、すでに説明は終えています。日本を守る核の傘とは、つまり上記の核ミサイルのことだからです。

筆者は防衛省筋の人間に騙されています。核トマホークが退役しても、核の傘は揺らぎません。トマホークより抑止力になる弾道ミサイルがたっぷり残っているからです。むしろ、核軍縮が進む中で、日本の核の傘を確保するには、核トマホークに退役してもらった方が都合が良いのです。


騙されないで! ×「トマホークが退役すれば、日本の核攻撃に対する抑止力は事実上通常兵器だけになりかねない」



脅威の度合い: 鳩山首相 > 中国の軍事力増強 = 北朝鮮の核武装

記事の最後の段落で、筆者は、トマホーク退役で失われる日本の核の傘を軽視する鳩山首相を「最大の脅威」と表現します。

”核の傘の例に象徴されるように眼前の脅威を脅威だと認識できていない鳩山氏の言動こそが、わが国にとっての真の脅威、最大の脅威であるということだ。”

ちなみに、筆者はなにと比較して鳩山首相を「最大の脅威」と表現しているのでしょうか。それは中国の軍事力増強や北朝鮮の核武装のことでした。筆者が最終文に書いています。

”脅威は中国の軍事力増強や北朝鮮の核武装ばかりではないのである。”

筆者がここまで首相の脅威を言い立てるのも事情があります。罪作りな防衛省筋の人間から(誰なんでしょうね?)、トマホークの退役で日本の核の傘が失われると信じこまされたからです。そして、核武装論議が必要だと主張します。

”米の「核の傘」に代わるわが国の国防上の手だてが模索されねばならないのは当然である。だが、そうした議論が十分に行われているとは言い難い。全くないと いってもいいだろう。これが平和ボケでなくて何だろうか。”

筆者にとっては真摯なテーマだったのです。首相脅威論は。でも、鳩山首相のせいで核の傘が失われる心配は無用です。すでに見てきたように、トマホークが退役すると核の傘が失われる意見は、デマです。

また、鳩山首相脅威論を唱えたせいで、筆者は主題にすえたい核武装論議をぼやけさせてしまいました。核武装論議をしないのが平和ボケならどの党も一緒になります。核武装論議は、どこの党ももうやっていないからです。ことさら鳩山首相を脅威と書き立てる必要はありませんでした。「みんな平和ボケだ」と書けばよかったのです。


鳩山首相は最大の脅威ではありませんでし



破綻した筆者の記事構成

この記事のテーマとタイトルはなんの脈絡もありません。上記のような鳩山首相脅威論をぶちながら、筆者は記事タイトルでは、「首相の軽さ」に焦点をあてます。記事の中では、首相の「県内移設容認」「海兵隊が抑止力だとは思わなかった」などの発言をとり上げ、「痛い光景だった。トホホである」と述べています。しかし、これは筆者が大切にしたいテーマとは無関係です。なぜこんな脈絡のない記事タイトルがついたのでしょうか。そもそも記事の脈絡がなかったからです。

この記事の構成はこうなっています。

承前 : 痛い光景だった。トホホである。

鳩山首相の沖縄訪問への雑感



思わせぶりな鳩山発言

鳩山首相批判。
海兵隊が抑止力であることに気付いたのが遅すぎる。



基地は要らないだけでよいのか

学校教育・マスコミ批判
基地は必要だ。



国防は究極の福祉政策

沖縄県人批判
「基地は要らない」の沖縄の民意では、沖縄が中国に掠め取られる。



核の傘退役に歓迎の辞

筆者のメーンテーマ。
核武装論議しない首相は平和ボケだ。



わが国の真の脅威

鳩山首相批判。
脅威の度合い: 鳩山首相 > 中国の軍事力増強 = 北朝鮮の核武装


見ての通りトピックスごとに主題がバラバラです。批判対象まで変わってます。筆者が自分で大切にしたいテーマを見失ってしまうのも、無理ありませんね。


文章を整理すると、自分の主張も整理できますよ



ぱっと読んだ感想は「頭の悪い文章」でした。脈絡のない文章だから無理ない感想です。推敲って、字句レベルだけでなく、テーマやトピックス単位でも大切だと気付かせてくれる反面教師の記事です。それと怪情報に踊らされないように裏をとることと。

オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 02:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark
【駄文記事とオシャレさん】(11) 〜パトロンか納税者か? 民主主義国家では、国民の支持の得られない予算はカットされる〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。

世界に誇る「科学インフラ」が、なぜ「税金のムダ」なのか?

国民の支持の得られない予算はカットされる

民主主義国家では、国民の支持の得られない予算はカットされます。自分たちの払った税金を、不要だと思える事業に投資したくないからです。財政赤字を増やすと不評の公共事業への支出でも、「景気浮揚のため」「地方経済を支えるため」と名目が立っていました。科学でもスポーツでも文化でも、国民の税金を投入するのですから、国民の生活に役立つ事業であることが要求されます。そして、国民が納得いくように説明することが、求められます。説明不足の言い訳を「仕分け人が素人だから」では通りません。国民だって素人です。



「素人だから」「レベルが低い」では、説明不足の言い訳にならない

大昔の科学は、金持ちのパトロンが金を出していました。ですから、パトロンの道楽や権威付けのに立つなら、金を出してもらえたのです。レオナルド・ダ・ヴィンチだって、ミラノ公や銀行家のメディチ家のお眼鏡にかなうから、資金を出してもらえたのです。今はそんなパトロンはいません。ベンチャー投資家に名前を変えています。

さて、日本は国民主権の国です。わたしたち国民の税金を学術やスポーツに費やすのなら、わたしたち国民の生活を向上させるものに費やすことが期待されます。研究者が自分の研究に補助金を求めるなら、どんな役に立つのかを説明するのが筋ってものです。


ところが、筆者は事業仕分けの一場面を引用し、最後に仕分け人のレベルが低いと結論付けます。

仕分け人 これ、 日本の研究者がアメリカやフランスに行っても、タダで使えるわけですね。それだったらその、タダで使えるものなら、タダで使った方が。つまり、日本がなく ても困らないんじゃないかと思うんですけど、それは、その、要するに、経済技術大国としてやっぱりそんなみっともないことはできないということなんでしょ うか。

仕分け人 すみま せん、ちょっと乱暴な質問して良いでしょうか。このSPring-8がなくなるとどうなるんでしょうか。

仕分け人 いつ収 益が税金に頼らなくてもやっていけるという試算になりますか。

(これら仕分け人の発言は1時間に満たないやり取りのごく一部に過ぎないが、こういうレベルの質問に対して説明者は言葉を失い、無言のままだった)

しかし、このやりとりには、なぜ国民の税金を”自分(つまり研究者本人)”のために払ってあげないといけないのか、説明する態度が欠落しています。これでは、カットされないのが不思議なぐらいです。この引用文を読むかぎり、仕分け人の関心は、この事業に税金をどうして投入する必要があるのかに終始しています。ここで黙りこんだら、研究者本人が、事業の意義を分かっていないと判断されます。


税金から出してもらいたいなら、どうして税金からお金を引き出したいのか、説明しなきゃ



基礎科学に税金を投入する口実なら、「独創的な技術者を養成するため」なんてどう?

批判ばかりでも退屈なので、基礎科学への予算獲得のための口実を考えてみました。ここでは、人材養成の点で取り上げてみます。


最先端の研究に触れるから、独創的な技術者が育つ。

最先端の研究を進めないと、日本の科学が一昔前の翻訳科学に退行する。これでは、
独創的な技術者が生まれる風土が消滅してしまう。


さて、独創的が技術者の養成に税金を投入したいなら、次は、そんな技術者を養成すると日本にどんなメリットがあるのかを、説明しないといけません。

そこで記念碑的な人物を挙げてみましょう。ホンダの創業者の本田宗一郎、ソニーの創業者の井深大はどうでしょうか。技術なら、トヨタのハイブリットエンジンがあります。リコール騒動になっていますが、エンジンとは無関係です。ハードばかり挙がりましたね。ソフトなら、任天堂のWiiにDS、「脳トレ」「みんなのWii」があります。


    基礎科学がお金を生まなくとも、社会の役に立ってます



説明責任を求められるのは、アメリカだって一緒です

税金投入に説明責任が求められるのは、日本の事業仕分けだけではありません。アメリカでもそうです。

アメリカのNASAは、国際宇宙ステーションの活用のために、火星への有人飛行計画を打ち上げています。宇宙ステーションを拠点に火星行きの宇宙船を建造、宇宙飛行士を火星の大地に送りこむのです。地球の引力を振りきりには莫大なエネルギーが必要です。そこで宇宙船は地上から打ち上げないで、すこしずつ軌道上に打ち上げ、そこで宇宙船を組み立てていくのです。

ちなみに、火星有人飛行計画と宇宙ステーションの活用がリンクするかというと、国際宇宙ステーションは完成直後、活用方法がないという理由で廃棄が検討されたからです。

もちろん、弊害もないわけではありません。

アメリカ海軍の予算獲得のためのロビイスト活動の一環の、海軍の有力な支持者たちを招いた原子力潜水艦の体験航海では、日本の漁業学校の実習船に艦を衝突させてしまい、9人の死者が出ています。えひめ丸事件です。

詰め掛けた民間人のために司令室がすし詰めになり、クルー同士の連絡がおろそかになったことが、事故の原因だと考えられています。

しかし、なんのために予算が執行されるのか国民には分からないのよりかは、透明性が確保されている社会の方が、ずっと健全です。


 あなただって、税金の投入に説明責任を求めたいですよね?



ガイドラインがないなら、審査品質は「仕分け人の見識と経験しだい」

仕分け人の審査能力が問題になるのは、なにが無駄かを判断するガイドラインがないからです。だから、仕分け人個人の見識と経験頼みになるのです。審査品質にばらつきがでるのは当然です。

ひょっとすると、いくつもの分野に精通し金銭感覚もまっとうな人物を起用すれば良いとお考えかもしれません。しかし、そんな人材を起用できてもまた別の問題が起こります。仕分け人同士が、お互いの得手不得手な分野を熟知し、「彼の説明に分からないことがあるのは、彼の論点には自分の知らないことがあり、それは質問して知識を深めなければ」と相手を信頼できるぐらい、お互いの関係を築いていることです。しかし、仕分け人同士で人間関係を深める機会は設けられていません。

また、ガイドラインの制定は、事業仕分けの透明性をさらに高めてくれます。「事業仕分け」は「子ども手当」の財源捻出の切り札という風評がありました(官邸が是非を指示した証拠がないのですから風評です)。ガイドラインもあれば、国民にもより分かりやすくなり、政治の説明責任を果たすことになります。


無駄を判断するガイドラインがあれば、審査品質の向上と透明性が図れる


2010年4月11日追記

事業仕分け第2弾の素案が発表されました。今回の仕分けでは、有効性・民間や地方自治体での実施の可能性・国の関与の度合い、この三段階に渡って判定されます。

有効性がないと判断された独立行政法人は廃止されます。

民間や地方自治体で実施できると判断された独立行政法人は、そちらに引き渡されます。

それでも残った独立行政法人は、国の関与の度合いで判断されます。大きく国が関与すべきと判断されれば、国の行政に戻されます。小さければ、組織が再編されます。



ガイドラインを作るのは政府の仕事です。税金から補助金を受け取る側には、説明責任が求められます。この責任を果たしてこなかったから、科学者に「既得権益者」と感情的なレッテル張りまでされ
てしまうのです。


 オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 13:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
【駄文記事とオシャレさん】(10) 〜東南アジアで紛争勃発?!、名付けて地政学的陰謀論〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。

オバマのグアム訪問は、日本の牽制だけではない

東南アジアで紛争勃発?!、名付けて地政学的陰謀論


東南アジアで中国インドアメリカロシアベトナムタイの入り乱れた策謀が
はり巡らされていると主張する記事。アメリカは中国封じこめを図ってお
り、日本とアメリカの間で摩擦が起こるのは、日本がアメリカの外交ビジョ
ンを理解していないからだとも主張。デタラメな主張をつぎはぎすると、
どんな陰謀論でもひねり出せる好例です。



オバマ大統領は対中国封じこめを考えているの?

筆者は、オバマ大統領が東南アジアにおいて対中封じこめを考えており、
アジア太平洋歴訪でなんらかの発表があると主張します。そして、タイの
タクシン派のデモは、中国のカウンター政策のせいであり、出鼻をくじか
れたオバマ大統領が戦略を見直すため、歴訪を延期したのだと主張しま
す。

しかし、延期の理由について難しく考える必要はありません。医療保険制
度改革にかかりきりになるためです。

オバマ氏、アジア太平洋歴訪中止


筆者の主張は、中国の南下政策の無知と中国とインドの対立地域の誤解、ア
メリカの中国封じこみ政策の誤解、この二つの強引なリンク、タイの華僑と
政変についての無知、ロシアの核不拡散への無知、ベトナムの非核政策の無
知などに彩られています。


    いい加減な陰謀論がどうやって出来上がるのか、
         知りたい人はぜひお読みください





中国の南下とはインド洋にでること

中国はマラッカ海峡を経由ぜず自国に石油やエネルギー資源を運びこむルートを
探しています。台湾に資源輸送を妨げられないためです。中国に輸入される石油
の85%マラッカ海峡を通ることを、胡錦濤国家主席は"マラッカのジレンマ”と
呼んでいます。


そこで、ミャンマーにパイプラインを建設して、ベンガル湾と雲南省を結ぶこと
を計画しています。そして、中東からベンガル湾までの輸送の安全を守るため
に、インド洋の国々と友好関係を樹立、パキスタン・バングラディッシュ・スリラ
ンカに海軍施設を建造しています。中国はインド洋に沿って友好国を設けるこ
とを”真珠の数珠”戦略と名付けています。

参考資料
Center Stage for the Twenty-first Century: Power Plays in the Indian
Ocean(邦題 台頭する中印とインド洋の時代)



より大きな地図で 中国の”真珠の数珠” を表示

    中国は海軍を直接インド洋に派遣している



中国がインドと衝突するのも、アメリカの対中国封じこめもインド洋

インドもアメリカも中国海軍のインド洋進出を警戒している点で利害が一致します。
そこで、インド洋での合同演習が行われています。

インド洋の今後の重要性と対立構造を扱った論文「台頭する中印とインド洋の時代」
には、中国封じこめのための国際演習が説明されています。

台頭する中印とインド洋の時代(日本語抄訳)

”アメリカ、インド、シンガポール、オーストラリアは、中国のインド洋における野
心を
やんわりと牽制しようと、インドの南西海岸の沖合で共同演習をしてい る。”


  中国を封じこめるため、インドとアメリカは国際協調しています、インド洋で



筆者は誤解している・・中国とインドの地政学的対立の位置を

ここまで見てきたように、中国とインドの対立はインド洋にあり、アメリカの中国
封じこめ政策もインド洋で行われています。

「台頭する中印とインド洋の時代」の著者のカプラン氏は講演でそのことに触れます
が、筆者は誤解しているようです。

”カプラン氏は言う。「インドはインド洋を中心に東西に水平的に勢力の拡大を目指
し、
中国は垂直的に南下している。この両者は衝突しつつある」。

インドの水平軸と中国の垂直軸が交差するのは東南アジア周辺であろう。”

筆者はカプラン氏の論文を読んでおらず、衝突がインド洋で起こっていることを知ら
なかったようです。そのため衝突の場所を東南アジアだと誤解してしまいました。

また、カプラン氏の次の発言も、筆者には理解できなかったようです。

”カプラン氏はさらに付け加える。「米国、日本、インドネシア、オーストラリアは
連携し
て中国の拡大に対処しなくてはならないだろう」。
 
インド洋の中国を封じこめるのが、カプラン氏の発言の主眼です。これらの国々がイ
ンド洋の対中国封じこめで連携しようということです。しかし、オバマ大統領が訪問
地のグアムで東南アジアの中国封じこめを発表するつもりだと決めてかかっている筆
者には、これは理解できなかったようです。

”米国領グアムから見たインドネシアとオーストラリアの地政学的価値は明白だ。両
に挟まれた海域はインド洋への通路となっている。インド洋は中東への海路であ
る。”


”インドネシアやオーストラリアとの同盟関係を確保しなければ中東へのアクセスを
安定
化させられないのである。 ”

”そしてこのアクセスを脅かしつつあるのが、ほかならぬ中国なのである。”

インドネシアにあるロンボク海峡は、マラッカ海峡と並ぶ、インド洋と太平洋を結ぶ
海運ルートです。しかし、どちらも中国の脅威にさらされていません。もちろん、カ
プラン氏は、自著の「台頭する中印とインド洋の時代」でそんなことに触れていま
せん。

    思いこみを補強する材料は、探せばいくらでも出るものです



じゃあ、東南アジアをめぐる各国の思惑って・・


みんな筆者の創作です。

ベトナムだと・・

ベトナムはASEAN諸国とともに、東南アジア非核兵器地帯条約を結んでおり、核保
有の意思などありません。

筆者が述べるような常識も存在しなければ・・

”ベトナムがロシアと原子力協力をしたがる最大の理由は電力供給ではなく、実は核
兵器
開発のためであり、これは一部の軍事関係者の間ではもはや“常識”と なって
いる。”


アメリカが黙っていても、ASEAN諸国が黙っていません。

”(オバマ大統領は)こうしたインドやベトナムの状況について黙認しているのはい
かがなる
わけか?

なお、ロシアは核不拡散の立場をとっており、イランで操業する原発でも、核燃料の
扱いはロシア人技術者に専任させ、イラン人には触らせていません。


タイでは・・


タクシン派の支持基盤は、農村部・都市部貧困層と新興エリート層です。華僑に限る
ものではありません。そもそも華僑とタイ民族の混血が進んでいるタイでは、華僑は
排斥されていません。タクシン氏の実家のチナワット家も、タイでは名家と知られて
います。

タクシン派は華僑の集まりでもなければ・・

”タイのデモ隊の要求はタクシン復帰であり、デモ参加者の大半は華僑出身であろ
う。今
まで表面に出なかった中国人たちが政治行動に動き出したことになる。”

華僑のデモも起こっていません

”ミャンマーやネパール、バングラデシュで起きているのと同様の事態である”


  筆者の創作記事でも、ここまで面白く書けるものなのですね



鍛冶氏は軍事評論家より小説家に向いています。ただ、荒唐無稽の話を読者に面白く
読ませるには緻密にリアリティーを作りこまなければいけないので、そこは修行しま
しょう。ちなみに長くなるので割愛しましたが、鍛冶氏の創作はまだぞろぞろありま
す。暇な人は探してみてください。

オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 13:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
【駄文記事とオシャレさん】(9) 〜週刊誌のマニュアルに挑戦するエリカ嬢に、育児ダイヤルに、画竜点睛を書く良記事〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。



週刊誌のマニュアルに挑戦するエリカ嬢

これがエリカ様会見NGワードだ!!

週刊誌の記事の書き方にマニュアルがあり、オッサンくさい記事を、女
性記者が書いていることがあるのはご存知ですか?

エリカ嬢から突きつけられたNGワードの数々たち。

「裸一貫」「ヌード」「セミヌード」「スッポンポン」「脱ぐ(脱いだ)」「胸みせ」

そりゃ週刊誌の記者も困るよね。記事が書けなくなるから。こんな形で堂
々と書いているけどさ。


    体のラインの美しさは七難隠す!?


育児ダイアル相談

綾音ちゃん死亡記事

育児ストレスがあっと言われるこの事件。大阪府警は、殺人罪で捜査に
乗り出しています。

赤ん坊が泣き止まないのは、おむつが汚れたのかお腹がすいたのか、
親に訴えたいことがあるからなんですがね。

             
                助けたい人がいる

     児童相談所全国共通ダイヤル(0570−064−000)



画竜点睛を欠く良記事


欧州の核軍縮 動くか NATO 米の戦術核扱い議論へ 維持派「対ロシア抑止力」 撤去派「冷戦時代の遺物

欧州の核軍縮事情を詳細かつ分かりやすくまとめてくれた良記事。しかし、
たった一点だけ、日本人向けに解説しておくべき単語が抜け落ちています。

第二段落冒頭のこの文章です。

”欧州で戦術核は東西冷戦時、ソ連軍に対抗するため米軍が配備し、NA
TOが共同管理してきた。”


共同管理の言葉の意味、理解できたでしょうか? かつて、田母上氏がぶち
あげて物議をかもしたニュークリアシェアリングのことです。


  欧州の核軍縮とは、ニュークリアシェアリング廃止のことです


関連記事
核保有の前に済ませることは?
オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 17:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
駄文記事とオシャレさん(8) 〜自民党統治の失敗のツケ、懲役刑を食らわなかった田母上氏、いまだ勘違い〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。


田母上氏が独白、自衛隊は「このままでは人民解放軍だ」

お役所の前例主義から統合幕僚学校の卒業式に招待された田母上氏、
防衛省からの横槍で欠席を求められ、ご立腹。勘違いの出発点は、自衛
隊法に則り、懲役刑を食らわせることができなかった自民党の統治失敗
にあり。

役所の前例主義で招待されるものだと独白する田母上氏。残念ながら、
欠席を求められてしまいました。

”幕僚長経験者は慣例的にみんな招待されるんですけどねぇ。”

その理由として、田母上氏は、政府が自分の意見を認めないからで、これ
は言論の自由に反すると主張します。

”私の言うことが気に入らないんでしょう。でも、考え方が違うからと言って
排除してしまうというのは本来、民主主義社会では、あってはならないこと
ですよ”




さて、ここで自衛隊法を紐解いてみましょう。

自衛隊法

この法律では、隊員の政治活動を禁じています。

第六十一条  隊員は、政党又は政令で定める政治的目的のために、寄附金
その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法をもつてするを問わず、
これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除くほか、政令で定める政治
的行為をしてはならない。

この条文では政治行為を禁じています。細部は政令で明文化されますので、そ
ちらも目を通してみましょう。

自衛隊施行令

第八十六条 法第六十一条第一項 に規定する政令で定める政治的目的は、
次の各号に掲げるものとする。


 政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張し、又はこれに反
対すること。



田母上氏が、隊員時代に行っていた政治活動は、政治行為を禁じるこの規定
に反します。もちろん、軍が政治に関与した戦前戦中の過去の日本の反省に
よって立つ規定です。言論の自由なんて関係ありません。自衛隊法では、隊
員の政治活動が禁じられているのです。

ちなみに、罰則規定は同じく自衛隊法でこう規定されています。

第百十九条  次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役又は
禁錮に処する。
 第六十一条第一項の規定に違反した者

政治的主張を隊員がすると懲役刑です。田母上氏の定年退職処分なんて、
だだ甘じゃありませんか?

2010年3月6日追記

自衛隊法施行令で定める政治的目的と政治的行為を取り違えていました。
正しくはこちらの条文になります。罰則は変わりません。

第八十七条  法第六十一条第一項に規定する政令で定める政治的行為
は、次の各号に掲げるものとする。

十三  政治的目的を有する署名又は無署名の文書、図画、音盤又は形象
を発行し、回覧に供し、掲示し、若しくは配布し、又は多数の人に対して朗読
し、若しくは聴取させ、あるいはこれらの用に供するために著作し、又は編集
すること。




ちなみに田母上氏はこんなことをうそぶいています。

”自衛隊は民主党の“人民解放軍”になってしまう”

人民解放軍が、中華人民共和国の国軍ではなく、中国共産党の軍隊である
ことを指しているのでしょう。さて、自衛隊法では、軍隊が私物化されないよう
にこんな規定があります。


自衛隊法
第六十一条
 隊員は、公選による公職の候補者となることができない。
 隊員は、政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問その他これらと同
様な役割をもつ構成員となることができない。

自衛隊施行令
 衆議院議員、参議院議員、地方公共団体の長、地方公共団体の議会の議
員、農業委員会の委員又は海区漁業調整委員会の委員の選挙において、特定
の候補者を支持し、又はこれに反対すること。
 最高裁判所の裁判官の任命に関する国民審査において、特定の裁判官を
支持し、又はこれに反対すること。
 特定の政党その他の政治的団体を支持し、又はこれに反対すること。
 特定の内閣を支持し、又はこれに反対すること

私物化を防ぎたいなら、これ守ればいいんじゃない?最高指揮官たる首相の任免
は、最後は民意が決めるんだしさ。


さて、今の田母上氏は私人の立場。言論の自由を行使するのに、自衛隊法の
縛りはありません。いつの日か氏が自衛隊員の自由な政治活動を求めて、国
会で定める自衛隊法の改正や、内閣が定める政令である自衛隊法施行令の改
正を求めて政治活動に乗り出す時が来るのでしょうか?
>オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 20:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
駄文記事とオシャレさん(7) 〜だらしない国母選手が日の丸ウエアを身に着けないのは、個性尊重だから?〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。



国母選手選手は汎アフリカ主義?

日の丸カラーのおそろいウエアを身に着けず、思い思いのウエアを
身にまとうモーグル競技の日本選手は個性尊重の証拠であり、それ
は国母選手の腰パン騒動を招いたと主張する筆者。

”日本選手の凝ったウエアには、日章旗の赤、白がほとんど使われて
いなかった。

しかも、モーグル競技では同一競技に出場した日本の選手が思い思
いのウエアで、「日本的個性尊重」もここに極まれりだった。国母
選手
の服装問題もすべて根は同じにみえる。”

それでは、思い思いの服装を身につけ、それは日の丸カラーであり、
おまけに礼儀正しい証拠をお見せしましょう。 

証拠
 
ちなみに国母選手の腰パン騒動は、公式ユニフォームで起こっていま
す。スキー連盟が統一ウエアを用意していても起こる騒動です。また、
国母選手は大学在学中からプロ選手として活躍、ゲレンデで知り合った
難病を患ったスキー仲間のために募金活動を行う、縛られたくないので、
五輪の強化選手指定を受けない、などの行動を行っています。何もかも
個性尊重のせいだとこじつけるなら、これら一連の行動も個性尊重のせ
いだとこじつけてもらいたいものです。

また筆者は、誰かが国母選手に注意しなければならなかったと主張しま
す。

”「自分では格好いいと思っているかもしれないが、ちょっとおかしいよ」
注意できなかったのか。”

誰かが注意しなければならなかった点については賛同しますが、筆者の言
い方は「国母はカッコつけている。でもそれは間違っている」だとメッセ
ージを送ってしまいます。これは注意ではなく非難です。こんな言い方では、
何が問題なのか学びとる機会にはなりません。

最後に、筆者は国母選手の髪型は欧州では汎アフリカ主義の象徴だと触れ
つつ、五輪選手は服装に気をくばるべきだと主張しています。

”ますます複雑になる国際社会を舞台にした場合、服装は単に身にまとうもの
だけではなくなりつつある。日本国籍を持ち、アフリカ系移民でもない日本
人と
して参加する五輪には、それなりの服装というものがあろう。

まず、髪型と服装は別です。ひとくくりにして論じたいなら、「身だしなみ」
ぐらいが妥当でしょう。しかし、先ほど取り上げたように、この後ウエア批
判をしたい筆者には、それはできない相談なのかもしれません。



>オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 13:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
駄文記事とオシャレさん(6) 〜市場最大の合併話も筆者の周りで勝手にバーンナウト〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。



キリン・サントリーの破談を温かく見守ってしまう不幸

筆者がひとりで騒いでいた、キリン・サントリーの合併話。破談となり周囲の失
望を買うと、法改正まで持ち出します。

この筆者は、COLD JAPANの連載記事を持ち、ガラパゴス化した日本に警
鐘を鳴らし、日本人は海外に目を向けるべきだと主張し続けていました。
バドワイザービールは日本を脅かすか?

そんな筆者の目に留まったのが、キリン・サントリーの合併話です。別記事
では、こんな煽りを入れます。

2007年日本のビール消費量は、世界全体のたった3.6%!

でも世界の人口が約60億人で日本の人口が1.2億人なら、シェア2%で平
均。3.6%はそれよりずっと多いんだけどね。

筆者はこの後、海外の巨人たちに日本のビール市場は食べられるのではと
心配します。その危惧の一理はあります。アメリカの味バドワイザー社もベル
ギーの会社に買収され、世界のビールシェア25%の会社になりました。こん
な会社が日本に進出したら、ひとたまりもないかもしれません。しかし、食品
飲料市場は、国ごとに食文化が違い、グローバルな市場だと見なせない市場
です。バド社を買収したインベブ社が日本に進出しても、日本人の味覚に合わ
せないといけません。また日本のビール市場は酒税に合わせて、発泡酒・第
三のビールと、ローカルなレベルで特殊化が進んでいます。インベブ社にはこ
のノウハウがありません。日本のビール会社を買収してもいいですが、これで
は世界シェアを生かした規模の効果を望めません。必ず高くつきます。

インベブ社には、日本市場は垣根が高いんじゃないか。今もバドワイザービー
ルは、キリンのライセンス生産だし。見方を変えると、日本から海外に打って出
るにも、食文化の垣根を乗り越えないといけないのです。


食品飲料市場のグローバル度

筆者は三ページ目で、日本の食品飲料会社は、世界から落伍している主張
します。

”上表のとおり、飲食料品分野において、ニッポン企業はハッキリと世界のメジャ
ーに置いていかれています。”

筆者が掲げたこの表で着目すべきは、むしろ輸出割合です。欧米の上位会社
も、売り上げのほとんどは欧米圏であげており、海外向けの輸出は10〜15%
です。食品市場には、グローバル市場内での市場競争はないと考えてよいでしょ
う。ちなみに、この表にはコカ・コーラカンパニーが抜け落ちています。連結決算
で約2兆4千億円です。

ロールモデルが失敗に終われば、失望を買うのは自然

さて筆者は、今回のキリン・サントリー合併話を周囲に脱ガラパゴス化日本のロー
ルモデルと喧伝していたようです。

”少し前までさまざまな業界で「わたしたちもキリンとサントリーを見習わなければ
なりません。いつまでもコールド・ジャパンと呼ばれたくないですからね」とおっしゃ
る人に出会いました”

しかし、合併が破談に終わると周囲の反応が変わったと筆者は説きます。

”「やっぱり、日本には無理なんですよ。キリンとサントリーのようにトップが英断
ても、勇み足になってしまうわけですから」と、なんと「巣ごもり」を加速するた
めの
言い訳にされてしまっています。 ”

筆者がロールモデルとして現在進行中のキリン・サントリーの合併を振りかざして
いたのですから、破談になれば、周囲が失望するのは、自然な人間感情ではない
でしょうか。


筆者、バーンナウト

しかし、筆者は周囲の変化を受け止められないようです。

”これをコールド・ジャパンを象徴する最悪の事件と呼ばずしてなんと呼べばいいの
でしょうか。”

”「2つの異なる企業が力を合わせるなんて、無理なのさ。とくに公開企業とオーナー
企業ではね」というジョーシキが、コールドから抜け出すための危機感を覆っている
というわけです。”

残念ながら筆者は、ロールモデルの失敗を深刻に受け止めてしまい、脱ガラパゴス
化日本の論説記事なのに、問題の解決を法改正による株式が公開された同族企業
認めることを提案します。

”時限立法でもよいので、「資本市場にアクセス可能な『ファミリー企業』を認めて
みる」
ということを前向きに考えてみてはどうでしょうか。佐治社長の言い分を多少
なりとも
聞いてあげるというわけです。”

最後の一文が涙を誘います。


渦中にいても冷静さが保てる自分が欲しいです。


>オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 19:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
駄文記事とオシャレさん(5) 〜隣のホワイトハウスは何処の国?〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。




日本に住んでいると海外ニュースについつい疎くなってしまいます。それは日本に
とって最重要なアメリカの国策にも同じこと。オバマ大統領のアフガン戦略を題材
に、二つの記事を読み比べながら、ニュースの読み方を学んでみましょう。

これはアフガン放棄の戦略だ(鍛冶 俊樹)

始まった「オバマの戦争」(菅原 出)



アフガニスタン戦略がターゲットにする敵の種類は?

まず、アフガン戦略の骨子について。オバマ大統領は、増派案を大規模・中規模・小
規模の3つを策定させ比較検討してきました。増派人数を検討するためです。さて、
アメリカは、どんな敵を打倒するために増派案を練ったのでしょうか。


鍛冶氏はアメリカが敵にするのはタリバンだと主張します。

”大規模ならタリバン全滅を目指せる。”
”中規模案はタリバンを全滅には追い込めない中途半端な兵員数だ”


タリバンの主力はパキスタンに移動しており、アメリカがそのパキスタンに注ぎこむ
国費は、アフガニスタンへの経費と比べて、30分の1なのは、政権内でも問題提起
されていました。大規模案でもタリバンは倒せないのです。

さて、オバマ大統領の狙いを菅原氏が解説してくれます。

崩壊させ、解体させ、打倒する相手は「タリバン」ではなく「アルカイダ」だけであ
る点は重要である。パシュトゥン人を中心とした一大社会勢力「タリバン」と、過
激な武装テロ組織「アルカイダ」を区別して考えており、両者は連携して動いてい
るが、基本的には後者の「アルカイダ」、つまりもっとも過激な分子だけを排除す
るとしている。

アメリカが、タリバンとアルカイダを分けて考え、主たる敵とするのがアルカイダ
であることが分かります。鍛冶氏の記事にはアルカイダの文字が一つも出てき
ません。やっぱり日本人は、タリバンとアルカイダに区別がつかないのでしょうか?
アメリカがタリバンをどう扱うつもりなのかは、また後ほど。



オバマはなぜベトナム戦争を引き合いにだすのか


さて鍛冶氏は、オバマ大統領のベトナム戦争に関わる発言に噛み付きます。

オバマ大統領は演説の中で、アフガン戦争がベトナム戦争とは違うと強調している。
多数の国がアフガン派兵を合法と認めているとか、そもそも米国は直接攻撃を受け
たのだとか違いを列挙して、増派の正当性を担保しようとしている。しかしこれは
いわば法律論争であって、増派の正当性を証明できたとしても増派の成功を確保で
きることにはならない。


わたしからアメリカのお国柄を説明しておきます。アメリカのベビーブーマー世代
(日本なら団塊の世代にあたります)はベトナム症候群と批評される心情があり、
泥沼の地上戦を連想させるものを嫌います。オバマ大統領のこの部分の演説は、
そんなアメリカ人に増派の正当性を説明するものなのです。オバマ大統領はこの
くだりでは、鍛冶氏が噛み付くように、詭弁を弄して増派の成功を信じこませようと
しているのではありません。そのまま受け止めれば良かったのです。




オバマ大統領のアフガニスタン戦争への定見


鍛冶氏はアフガン戦争をベトナム戦争になぞらえ、オバマ大統領は、アフガニスタン
の戦争の実態を知らないと主張します。

”戦略的な状況を見ると、やはりベトナム戦争時に酷似していると認めざるを得な
いだろう。”

”ジョンソンは自分が始めた戦争でなかったから事情がよく飲み込めていなかった。”

”作戦目的を理解していない点ではオバマ政権も同様で、前政権の国防長官ロバー
ト・ゲーツが留任している点もベトナム戦争時にそっくりだ。 ”


アフガン戦争がアルカイダを打倒するために始まったことはみんな知っています。
アルカイダのオサマ・ビン・ラディンがタリバンに匿われているので、殺害を狙っ
たんですよね。どうしても分からなければ、ブッシュにメールで問い合わせましょ
う。いまも支持者から好感をもって接せられ、地元でのんびり暮らしているそうで
す。ちなみに共和党のロバート・ゲーツ国防長官が民主党政権でも留任になった
のは、アメリカが抱えるイラク・アフガニスタンの二つの戦争に熟知しているからで
す。

鍛冶氏はオバマ大統領はアフガン戦争に無定見だと主張します。

”オバマはアフガン開戦時に反対を表明したわけではなかったが、同時に賛成した
わけでもなかった。”

”イラク戦争に反対していた流れから見るとアフガン戦争にも反対してもおかしく

ないのだが、9・11同時多発テロ後の米国の世論状況下で反対する勇気はなかった
のだろう。”

”大統領選に臨んでアフガン戦争継続が選挙戦に有利と見てとるや戦争支持を表明

するに至る。”

一方、菅原氏はこのように解説してくれます。

”ブッシュ前政権のイラク戦争に反対した数少ない政治家の1人として、「イラク戦
争は間違った戦争」、「アフガン戦争は正しい戦争」と位置づけてきた。 ”


よく考えたら、イラク戦争ではアメリカでも賛否がありましたが、アフガン戦争で
は目立った反対はアメリカ国内ではありませんでしたよね。オバマ大統領の態度
は、平均的アメリカ人の範疇の一つなのでは?



アメリカの増派は、なぜこの人数なの?


鍛冶氏は、アフガンへの増派は、イラク戦争での増派を、兵力だけ単純に模倣
したものと主張します。

”2007年8月に米軍は3万5000人の追加派兵を行い、それ以後死者は激減し安定化の
一途を辿っている。”

”今回の米兵の増派は3万人だが、NATO(北大西洋条約機構)軍に5000人の追加派

兵を要請しているからだ。3万5000人増派すればアフガニスタンもイラク同様、安
定するはずだというのは、いかにも単純極まれりの発想で軍事戦略的には何の説得力
もない”

菅原氏がゲーツ国防長官による増派の狙いを引用しています。

ゲーツ国防長官は、増派された米軍部隊を、アフガニスタンの住民たちがもっとも脅
威にさらされている地域に投入し、「タリバンの勢いを逆転させ、その力を減退させ
る」。そして「それによってアフガン人が十分な治安と統治を提供できる能力を開発
するのに必要な時間と空間を与え、アフガニスタンを安定させる」ことが、今回の戦
略コンセプトの狙いだと説明している。


よく考えたら、イラク戦争の増派も今回のアフガン戦争の増派も立案した軍人は同じ
人物ですよね。数字だけなぞらえるなんて、ありえない。

デービット・ぺトレイアス


オバマ大統領は、カルザイを見捨てる気?

鍛冶氏は、カルザイ大統領に白紙小切手を渡さないと述べるオバマ大統領はア
フガンを見捨てるつもりだと主張します。

”オバマ政権はアフガニスタンの大統領選挙が民主的に行われたかだけを問題にし、
カルザイ政権の支配地域がアフガン全土の2割程度に縮小してしまっている現状で、
「もはや白紙の小切手を渡す時は過ぎた」と言い放ってしまった。”


一方、菅原氏が、アメリカのカルザイ政権へのスタンスを説明してくれます。

”カルザイ政権の無能力や腐敗の問題を抜きに米軍を増派しても意味がない”
”アフガン治安部隊がより多くの責任を担わなければならないこの時期に、米軍を追
加増派するだけでは、アフガン政府の米国の支援に対する依存体質が益々強まるだ
である”
(駐アフガン大使)

”カルザイ政権が本気で腐敗対策と政権運営に乗り出さない限り、米国の軍事力も経
済力も使わせない。“米軍は2011年7月からもうアフガン治安機関に治安権限を移
譲し
始めるのだぞ”“もっと早く、もっと真剣にやれ”というのが今回のメッセージの
質だろう。”

”カルザイ政権がちゃんとやらないのであれば、地方の有力者と直接取引をする”


”われわれはアフガニスタン全土を見渡して政府を見ている。なぜならアフガニスタ
ンでは歴史的に見ても、多くの場合、サービスを提供し安全を提供するのは地方政府
の仕事だ。だからわれわれとしても、地方政府の枠組みに対してもっと多くの支援が
なされなければならないと考えている”
(ヒラリー・クリントン)

”金を無制限に使わせる時代は終わった”

”われわれは腐敗と戦いアフガン国民に対して職務を遂行することのできる省庁、知
事や地方の指導者たちを支援するが、無能で腐敗した人々には責任を取らせる”

オバマ政権が、アフガン大統領選の正当性に拘ったり、カルザイ大統領に腐敗撲滅を
政権の重要課題とするように圧力をかけたり、中央政権に白紙の小切手を渡さないと
明言した理由は、アフガニスタンの住民に支持される中央政府をアフガニスタンに確
立させるためであることが、一連の発言から読み取れます。


独裁制は国を安定させるの?

鍛冶氏は今のアフガンを安定させるのに必要なのは、独裁制だと主張します。

”おそらく今のアフガニスタンの統一を維持するのに必要なのは独裁体制の確立だ
う。それは例えばイスラム教が多数を占め300もの種族をかかえるインドネシアがス
ハル
トの独裁体制下で30年以上も統一を維持してきた歴史を思い起こせばよい。”

鍛冶氏が主張するように多民族国家のアフガニスタンに独裁制を樹立させるなら、誰
が支配者になるのでしょうね? 最大多数のパシュトゥン人? でもこれタリバンの支
持母体だよね。インドネシアの独裁だって、最大派閥のジャワ人による支配でした。ち
なみに、アフガニスタンの統治上の問題は、地方政府を担う部族が数百あることです。
民族の数ではありません。インドネシアは民主化後、かつて併合した東チモール、ア
チェが独立を果たしました。しかし、アフガニスタンでは部族による独立運動は起こっ
ていません。



最後に鍛冶氏はこのような主張をしています。

”アフガニスタンの安定化が覚束なくなれば次に危惧されるのは隣国パキスタンの崩
壊である。パキスタンは核兵器を50発以上保有している。アルカイダがこの核兵器
を狙っているのは明らかで、それを阻止するためにもパキスタンへの支援は不可欠
となる。”

中東報道研究機関がこのようなアフガニスタン人記者の記事を載せています。


パキスタンはアフガン・タリバンとアルカーイダを支援するな


これを読むとタリバンとパキスタンがツーカーであることが分かります。アメリカが
日本にパキスタンへの援助を求めるのは、パキスタンからタリバンとの開戦を求
めるための外交カードが欲しいんじゃないの? パキスタンの治安をタリバンから
守るためなら、日本に求めるのはパキスタンへの援助金ではなく、陸上自衛隊に
なるでしょう。



日本にとって最重要な国、アメリカ。そのアメリカの大統領が発表する戦略なのに、
国内の報道には勘所をはずしているところがあります。正確な報道をしてくれるメ
ディアのありがたみを感じてしまいます。


 

海の向こうのホワイトハウスの住人も、日本人と同じ人間なのがよく分かる一冊で
す。ブッシュ時代のホワイトハウスを舞台に、政策を誰がどうやってつくっていった
のか、その過程が丹念に記録されています。

最終決断を下すのがブッシュ大統領であり、彼が気に入った人物が影響力を持ち、
ホワイトハウスが打ち出す政策となることを押さえておけば、ホワイトハウス内の派
閥争いやロビイストの暗躍の余地が良く理解できます。



反政府勢力がどうやって中央政府を打倒するのか、政府への住民の信頼を失わさ
せる攻撃手段が詳細に記述されています。反政府勢力が勝つ為に、政府軍と正面
からぶつかるのではなく、住民を恐怖で支配するために中央政府の統治力を損な
うのが、彼らの常套手段であることが分かります。

ジェーン年鑑2009でも、アフガニスタンでの戦闘はほんとど外国軍の勝利に終わ
りながら、タリバンの支配地域が五年間で五倍に膨れ上がったとあるのも、タリバン
が目指す勝利は、軍隊と戦って勝つことではないからなのです。



オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 17:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
駄文記事とオシャレさん(4) 〜意味不明なコスト意識とコロコロ変わる論点〜

駄文記事とオシャレさん



駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。



救い難い…鳩山政権の「コスト意識」欠如っぷり

論点がコロコロ変わる記事。筆者はまず民主党にコスト意識が欠如していると主張
します。

”政権を率いる鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長には、本質的に重要なものが欠
如している。それは、「コスト」意識である。 ”

”小沢幹事長は政治資金問題が明るみになった昨年3月の時点で、その後の“コス
ト”を考えれば、釈明することを決断しただろう。 ”

”鳩山首相は「検察の捜査にお任せします」などと、検察をあたかも会計事務所のよ
うに使って時間稼ぎをせず、自らのあり余る財産を使い弁護士と会計士を山ほど雇
って自分の政治資金問題くらい自分で調べればよかった。 ”

”両者に「コスト」意識がないために、国家財政に負担をかけ、いたずらに時間を使
い、さらに政府への不信認を招いている。 ”

しかし、無実である証拠を提出することはできません。検察が調べて「有罪を支持
する証拠はありませんでした」とならないと、誰も納得しないでしょう。逆に、疑わ
れている当人の調査をもって検察の取調べに幕を引けば、八百長捜査だと戦後史
に残るところです。

続けて筆者は、コスト意識の低さは民主党全体の問題と主張します。

”郵政問題は、「もう元には戻らない郵政民営化」で述べたように、民営化と共に予
定していた株の売却はもはや実行できず、政府は人件費など維持コストの1兆円
を毎年少なくとも投入し続けることになった。 ”

しかし、日本郵政の営業費用は2千億円弱です。維持コスト1兆円の数字は、ど
こからでてきたの? ちなみに営業収入は3千億円強です

日本郵政2009年決算公告(PDFファイル) 日本郵政

2010年2月9日追記
引用元のもう元には戻らない郵政民営化を精読したところ、筆者が問題にしている
のは、郵政グループからゆうちょ銀行かんぽ生命が離脱した後に残される郵政グ
ループの財務事情であることを見落としていました。


郵便局2009年決算公告(PDFファイル)  郵便局

営業収益 約1兆3千億円

うち

  郵便窓口業務等手数料 約2千億円

  銀行代理業務手数料 約6千5百億円

  生命保険代理手数料 約4千億円

営業費用 約1兆1千億円

筆者の言わんとするところは、ゆうちょかんぽが離脱すると2社の合計1兆円の
手数料が消えてしまう。営業費用1兆円がまかなえなくなってしまうということでし
た。筆者が数字を調べていないというわたしの主張を取り下げさせてもらいます。

でも、郵政民営化を決めたのは小泉内閣だよ。なんで民主党がコスト意識がな
いとする筆者の主張の根拠になるんでしょうね?

ちなみにこの節の筆者の文章は、二つの相反する前提の主張がごっちゃに
なってます。

ひとつは、民営化を前提に、ゆうちょかんぽがグループ離脱すると、郵便局
に一兆円の穴があくとする松原東洋大学教授の講演内容。

もうひとつは、民営化が見送られると、ゆうちょが民業圧迫するとする筆者
の主張。


一読で読み取れません。



普天間基地移設についても、筆者は、辺野古が移設先に選ばれたのは、ジュゴン
がいるため漁業が行われておらず、漁業権の買収と住民補償が不要だからだった
と主張し補償費について次のように付け加えます。

”軽く見積もっても「兆」に達する額だろう。これに言及する政治家はない。甘言で
を振りまくように見えて、結局は将来の国民負担をばら撒いているのである。 ”

まず、辺野古にも漁業権はあります。住民訴訟でも漁業権の侵害が申し立てられて
います。

 →辺野古沖調査で漁民が差し止め求め新たに訴訟

次に費用です。関西国際空港の総事業費は、約1兆5千億円です。なんで、漁民へ
の補償で兆を超えるのでしょうね。

以上のことから、筆者の民主党全体にコスト意識が低いとする主張は、空論だと判
断できます。




後半、コスト意識の話から打って変わって、成長政策の話になります。筆者は、アメ
リカの経済学教授の文章を引用して、民主党の成長政策に教育を入れるべきだと主
張します。

まず、引用された文章です。

”「経済協力開発機構(OECD)諸国で急速に拡大する所得格差は賃金格差と高度
な技能プレミアムを反映したものであり、技能プレミアム上昇原因は技能と教 育へ
の需要を増大させた技術変化である。もっとも有効な政策は,頂点・底辺間の技能
格差を縮小する中等教育の質の改善である」”

このダロン・アセモグル教授の主張の焦点は、所得格差の解消です。中等教育の
拡充は、技能の格差を解消することで所得格差を解消する手段だと述べています。
筆者は、それを成長戦略だと読み違えています。教授の主張は、成長戦略とはな
んら関係ありません。このような誤った見解から成長戦略が行われれば、当然、う
まくいきません。そのときには、うまくいかなかった原因も分からないのではないで
しょうか? 後の祀りです。



コスト意識を問題提起しながら、筆者自身は、かけられないものを天秤にかける、
数字を調べない、調べれば分かることなのにデタラメを書く。最後に、引用文を読
み違える。この人、そんなに与党批判がしたいのでしょうか? その前に、まず根
拠を固めましょう。 数字やニュース記事やその筋の権威の書いていることは、事
実を調べるのに使わないと。





オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 16:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
駄文記事とオシャレさん(3)下〜壮大な陰謀説と過去の亡霊〜

駄文記事とオシャレさん

駄文記事を見抜き、ニュースを使いこなせるオシャレさんになろう。


(3)上〜壮大な陰謀説と過去の亡霊〜からの続き記事です。



米国、台湾武器輸出と普天間の微妙な関係

筆者は後半、オバマ政権の共和党化タカ派化と日本の内政への干渉に警鐘を鳴
らします。

まず筆者は、オバマ大統領の政策が、共和党のものに転換されようとしていると主
張します。その根拠として次の事例を挙げます。

”オバマ大統領は就任1年を過ぎた先日、共和党の議員だけを大勢招いて懇談の場
を持った。大統領が野党の議員だけを多数招いて懇談するというのは前代未聞 のこ
とらしい。上院補欠選で民主党は1議席を失ったばかりだが、まだ圧倒的多数の議席
を維持しており、大統領が直接懐柔しなくてはならないような状態では ない。”

”第一、野党議員だけ招くような懐柔をしたら与党議員が怒るだろう。これはオバマ
統領が外交安全保障政策で共和党的政策に転換する下準備ではないかと思わ
れた”


しかし、オバマ大統領には、共和党を懐柔しなければならないわけがありました。上
院での絶対安定多数を失ったので、医療保険改革を議会に通すには、共和党からの
支持が必要なのです。

オバマ「一年天下」の誤算

つまり、この懇談会は民主党の政策を実現させるために、共和党議員を味方につける
ためなのです。民主党の議員が怒るなんてとんでもない。オバマ大統領の共和党化
なんて考える必要もない。

さて、筆者は、オバマ大統領がレーガン化すると説きます。

”レーガンは国防費を増大させ旧ソ連への圧力を強め、最終的にソ連崩壊を導いた
が、
今でもレーガンの外交・安保政策を模範としている米国の政治家は共和・民主
にかか
わらず多数いる。”

”オバマ大統領が共和党の外交・安保政策から学ぶとすれば、以上の文脈から考え
ブッシュではなレーガンに回帰しようとするのは間違いない。”

レーガン化したアメリカはどこの国と戦うのでしょうか? タリバン? アメリカ国
防省は二正面作戦を時代遅れとして、テロとの戦いにも対応できるアメリカ軍に
再編すると戦略を発表しています。レーガンの出る幕ではありません。

さらに、筆者は共和党化したオバマ大統領が、日本をタカ派化するため働きかけてく
ると主張します。

”レーガン政権成立後、混迷を続ける日本の政界に対して米国から陰に陽に様々な働
き掛けが行われたことはご記憶の方も多いだろう。それは政治的には保守派の再結
集であり、思想的には新保守主義、経済的には新自由主義の登場であった。”


”日米関係は現在冷え込んでいるが、近いうちにかつてと同様の対日工作が行われる
ではないだろうか。つまり日本を中国から切り離して孤立させ、日本が行き場を
失った所
で米国が再び接近を図るという手順である。”

ブッシュ時代のアメリカがネオコン思想で政治が回り、アメリカの好景気を生み出し
ている(と思われた)新自由主義思想を外国に説き、思想リーダーとして世界を席捲
してたのは、もう過去の事実です。アメリカ一国主義は破綻し、オバマ大統領は多国
間主義をとる明言し、新自由主義経済にかわる経済運営理論をアメリカ経済学会は
いまだに提出できていません。今度、アメリカが日本の政界に働きかけるなら、どん
な思想なのでしょうね?

さて、筆者は、アメリカ陰謀論について、次の論理展開で締めくくります。

”日本を中国から切り離して孤立させ、日本が行き場を失った所で米国が再び接近を
図ると
いう手順である”

”そのためには米国の呼び掛けに呼応する政治勢力の結集が必要になる”

”今後東アジア情勢は混迷してくるであろうが、日米関係が好転する日は近いのかも
しれな
い”

アメリカが日本に陰謀をめぐらすと日米関係が好転するんだって。ひょっとして対米
追従を必要とするのは、アメリカではなくて、日本の保守派なの?


こんな噂話が流布するから、日米関係は対等でなく日本の外交はアメリカの指図で決
まるとする俗説が人口に膾炙する余地が生まれるのかもしれません。それとも、噂話
を信じたがるのは、日本人?



オバマに手紙400×80
author:taiga, category:駄文記事とオシャレさん, 11:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark