RSS | ATOM | SEARCH
被災地の電気自動車ができることとその限界
 以前の記事で、電気自動車が被災地で利用可能なのか取り上げました。その続きです。
 
 被災地に電気自動車が提供されています。日産自動車、三菱自動車、テラ・モーターズなどの自動車メーカーによる、被災地への義援活動です。他にも、中小の独立系電気自動車メーカーが、同様の活動に乗り出しています。徳孤ならず、必ず隣あり、ですね。

 さて、今回の記事では、電気自動車が被災地でできることと、その限界を解説します。



電力の不安
 
 被災地で電気自動車を活用しようとすると、最初に不安がよぎることは、被災地で電力が利用できるかどうかです。自動車メーカーによると、被災地からも電気自動車の問い合わせがあるとのことです。自動車メーカーが車両の提供を決めたのも、被災地者からの問い合わせがきっかけだそうです。

→【東日本大震災】支援にEV投入---電気はあるの?

 被災地での電力の復旧具合は、東北電力のホームページから閲覧することができます。

東北地方太平洋沖地震による停電の状況と今後の復旧見通しについて


 次に不安になるのが、東北電力の電力需要を逼迫しないかどうかです。計画だけで実施は一度もされていませんが、東北電力でも計画節電を予定しています。これについては、充電時間を、夜間など電力需要が少ない時間帯にずらせば問題ありません。なお、東北電力の電力供給は、今の時期は、十分に需要を満たしているようです。

 →3月24日の需要状況


国内の電気自動車市場の実力

 電気自動車は被災者の役に立ちそうです。けれども、避難者だけで20万人を超える今回の大規模震災見舞われた被災地の役に立つこととは、また別の問題です。

 電気自動車市場は未成熟なため、東北地方の被災地の役に立つには、微力です。なぜなら、生産台数が年間2000台ほどだからです。

電気自動車等保有・生産・販売台数統計

 世界を見回して、生産台数2000は決して少ないわけではありません。世界全体の電気自動車の生産台数は7000台だからです。

富士経済、電気自動車など次世代自動車の世界市場予測を発表

 電気自動車は被災者の役には立ちますが、被災地の力になるには微力のようです。今回のようなガソリン不足に被災地が悩まされても、ガソリン自動車の代わりに電気自動車が役に立ってくれるのは、あと数年先のようです。
author:taiga, category:震災, 19:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
避難所リスト
 被災地の避難所リストのサイトページを掲示します。

東日本大震災 − 避難所情報

 グーグルが毎日新聞を共同で避難所をリストにまとめています。

 避難人数、受け入れ可能な定員、電話番号なども併せて掲示されています。

※サイトの情報は、時間の経過とともに古くなります。閉鎖された避難所、移転した避難所とその受け入れ先も、併せて記されています。避難者との連絡のさいは、古くなった情報のせいで、混乱しないようご注意ください。

炊き出しまっぷ、緊急避難場所


 PRIME DESIGN WORKSが、炊き出し情報と避難場所をグーグルマップにまとめています。

 給水場所,携帯電話の充電可能場所の情報も併せて記されています。もよりの利用可能なサービスもあわせてご確認ください。

 このサービスは携帯サイトからも閲覧できます。

携帯電話での検索はhttp://goo.gl/Fp7I4
iPhoneでの検索:http://bit.ly/hLfRgX

※サイトの情報は、時間の経過とともに古くなります。ご利用のさいはご注意ください。
author:taiga, category:震災, 20:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
募金サイト(フィッシングサイトにご注意)
 日本赤十字社と共同募金のサイトページを掲示します。日本赤十字社を名乗る全文英語のフィッシングサイト(海外向けの詐欺サイトだと見られています)が発見されたため、ご注意ください。

 →日本赤十字社

共同募金
author:taiga, category:震災, 20:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
被災地の交通手段
 被災地の交通手段をまとめておきます。復旧が進めば交通事情は改善し、余震によっては(気象庁は震度5強以上の余震の発生確率を21日までに30%と見積もっています)、不通になります。利用のさいに、改めて交通情報を確認してください。

陸路を使う方

自動車

自動車・通行実績情報マップ

グーグルと本田技研による共同サイトです。前日に通行実績のあった道路が青色で表示されます。

※ガソリンが不足しています。SAでも給油できないケースがあるので燃料は余分に見積もってください。


ガソリンスタンド

災害情報ガソリンスタンド営業情報

カーライフナビでは、ガソリンスタンドの営業情報をまとめています。

※ガソリンスタンドまでの移動中に、給油状況が変わってしまう可能性もあります。サイト上の情報は、投稿時点の過去の情報であり、サイト閲覧時の給油情報ではないことにご注意ください。

列車

JR東日本列車運行情報

運行可能なJRの列車を検索することができます。

東北エリアで運行可能な区間は以下にあります(3月18日時点)。

東北エリアの運転再開状況(3月18日現在)(PDFファイル)

東京から青森までの迂回ルートの情報は以下にあります(3月18日時点)

東北エリアの運転再開状況(3月18日現在)(PDFファイル)


バス

高速バスネット

被災地と東京を結ぶ高速バスは一部運転を再開しています。


空路を使う方

仙台空港の利用は緊急輸送機にかぎられています。一般機は再開していません。航空局仙台空港事務所のコメントによると、復旧は秋以降にずれこむ見通しとのことです(3月18日時点)

仙台空港のもより空港の山形空港は、運行しています。山形空港とJR仙台駅を結ぶ高速バスは臨時便で運行しています(3月18日)

山形空港

山交バス(山形空港とJR仙台駅を結ぶ高速バスを運行しています)





author:taiga, category:震災, 20:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
被災地で電気自動車が使えないかメーカーに問い合わせました
  被災地で電気自動車が使えないのかメーカーに問い合わせました。被災地ではガソリン不足が問題になっていますが、電気は通じています。被災地で電気自動車が使えるのなら、給油の心配をせず自動車を輸送に利用できます。

 また、被災地入りする車両は、日本海側から入っていますが、新潟県や山形県から宮城県や福島県に入るルート上は、EV充電ステーションの数が少ないため、回送の可能性もあわせて問い合わせました。

EV充電ステーションマップ

 なお、東北電力も計画停電を計画していますが、総発電量1900万kw時にくらべると、電気自動車の消費電力はびびたるものなので、支障はでないと考えます(電気自動車一台の電池容量は数十kw時)。

EV=電気自動車 の普及のさせ方(PDFファイル)


問い合わせた自動車メーカーは以下の企業です。

日産自動車

三菱自動車

ゼロスポーツ
author:taiga, category:震災, 20:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
震災で支援活動を希望されている方へ
 震災に遭われた方、心からお見舞い申し上げます。西日本エリアに住んでいる筆者も家族が東京に住んでいたりで、他人事とは言えません。そうでなくとも、韓国の人が日本人を励ましたり、中国の救助隊が被災地入りしているのに、何ができることがあるならしたいですよね。この記事は、被災地外の西日本エリアや北海道エリアに住む人のための記事です。

※関東地方の方、ヤシマ作戦ご苦労さまです。筆者の住む西日本と東日本では交流電流の規格が違い(周波数50ヘルツと60ヘルツの違いです)、東西地域で電力をやりとりするためのコンバーターもフル稼働されていますが、施設の能力が100万kw分しかないため、余った電力を送りたくともこれ以上送れないのが、電力会社の実情だそうです。でも、心は一緒の同じつもりですよ。


※以下の情報は3月15日時点のものです。被災地との交通路が復旧されれば、事情はまた変わります。



ボランティアとして被災地入りしたい方


 現地入りはしばらくお待ちください。

 被災地では救命救助活動が行われています。京都市消防局のレスキューチームが宮城県南三陸町入りするのに24時間以上かかったそうです。交通路も復旧しておらず被災地へは燃料や食料の輸送も困難なものです。京都府災害ボランティアセンターのコメントによると、現在の状況で被災地入りしても、現地で行き倒れになるボランティア難民が心配されるとのこです。

※一部の心ない噂では、覚悟と準備のないボランティアは現地で足でまといになると誹謗されています。しかし、災害ボランティアの専門家が懸念しているのは、ボランティアが行き倒れになることです。お体をご自愛されてください。

 現地入りの代わりにボランティア活動の公的窓口に相談してみてください。窓口は、社会福祉協議会や災害ボランティアセンターが当たるのが一般的です。これらの組織が、ボランティア団体の調整をしています。お住まいの自治体の窓口がどこになるのかは、もよりの社会福祉協議会にお問い合わせの上、ご確認されてください。

社会福祉協会リスト

全国社会福祉協議会コメント1

※一部ボランティア団体は、すでに現地入りして炊き出しなどを行っています。マスコミでも報道されている宮城県名取市の中学校においての炊き出し活動です。この活動には、阪神大震災のさいに現地で結成された被災地NGO協働センターが関わっています。災害ボランティアの経験のない方がまねるのはハードルが高いと思います。被災地との交通路が復旧するまで、しばらくお待ちください。

被災地NGO協働センターの被災地での活動報告1

被災地NGO協働センターの被災地での活動報告2



支援物資や義捐金をおくりたい方は・・


 現地では支援物資の受け入れ態勢が整っていないため、義捐金の方が、現地の役に立ちます。

 災害ボランティア活動を全国的に調整している全国社会福祉協議会のホームページによると、現地の受け入れ態勢が整っていないため、個人からの支援物資はまだ受け付ける状態ではないそうです。

全国社会福祉協議会コメント2


 義捐金の送り先は、中央共同募金や日本赤十字社がお勧めです。ネット上でいくつもの会社が募金の窓口を開設していますが、集まった募金は、中央共同募金や日本赤十字社を経て被災者のために使われます。募金詐欺もあるため、なるべくこれらの機関に直に募金することをお勧めします。

 全国福祉協議会のホームページに掲載されている送り先を掲示しておきます。援助団体を騙るフィッシング詐欺の懸念されているため、お気をつけください。


全国社会福祉協議会義捐金送付さきリスト


 支援物資の送り先ですが、個人では受け付けていなくとも、団体を通して送ることならできます。関西の自治体は、昨年発足した関西広域連合が一元した窓口となって自治体の支援物資を被災地に送ることを決定しました。支援物資の受付は、もよりの社会福祉協議会に相談してみてください。


これは避けて!

 被災地の自治体では、救命活動や避難民の受け入れに忙殺されているため、義捐金や支援物資の件でも、相談の電話やメールをすることは、相手先の職員の手を煩わせることになります。必ず地元の自治体内で、相談窓口や受け入れ窓口を探してください
author:taiga, category:震災, 21:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark